30代で転職することのリアル 失敗しないため知っておきたいこと

30代で転職することのリアル 失敗しないため知っておきたいこと

 

 

30代になると社会に出てから10年程度が経つ人が多いので、仕事においてはキャリアが積まれている年齢です。

 

自分では毎日同じような仕事しかしていないと思っているかもしれません

 

しかし実際に20代の人たちと比べてみると、対応や仕事のやり方などがスムーズで要領を得ているでしょう。

 

もちろん経験値も高くなっているはずです。

 

また、毎日仕事中心で頑張ってきた人も多いでしょうし、仕事に対するプライドや責任感も大きく持っていることだと思います。

 

仕事や社会人として慣れてきた30代だからこそ、もう一度自分を見つめ直すチャンスが欲しくなるものです。

 

自分の力をもっと違う場所で発揮させてみたいという考えがでてきてもおかしくないでしょう。

 

このような理由から30代になってから転職を希望する人は多くいます。

 

実際は保守的な気持ちで行動に移せない人もいるかもしれません。

 

それでも転職をすることでもっとやりがいを持ったり自分の仕事力を上げることもできるので、少なからず転職について考えている人は多いと思います。

 

社会での30代転職者の採用側は、そういう理由で向上心がある人を好みます。

 

つまり、「実際に経験してきたことを活かして会社にとって利益をあげられる人材か?」を判断されることになります。

 

ですから、安易な気持ちで転職活動をしても失敗に終わってしまうかもしれません。

 

また、中高年(40代〜)の転職と比べると今後の活躍も期待できますから、人生を変えるチャンスの時期だといえます。

 

 

一番多い転職理由は?

転職を考えている人の理由には人によって異なります。

 

30代で転職を考えている人の理由として一番多く聞くのが、「ステップアップをするため」です。

 

10年弱の期間で積み重ねたスキルや経験を、今の職場を飛び出してもっと違う分野で活かしてみたいと考えたり。

 

より自分の資格や性格に合った職場を求めている人が多いようです。

 

また、転職をすることで年収をあげることも可能ですし、今勤めている会社よりも大きな仕事ができる場合にはやりがいを見つけることもできるでしょう。

 

他には「会社や仕事に対して不満、不安がある」という理由があげられます。

 

不景気な世の中ですから会社の業績が落ちて、入社当時は満足していたお給料がだんだん下がってきていて将来が不安になることもあるでしょう。

 

与えられた仕事、職場の人間関係などに疲れたという理由で不満がでてくることもあります。

 

自分の働くべき場所はここではないと思うことが転職意欲に変わるのかもしれません。

 

また、人員削減などによって仕方なく退職しなければいけなくなった人も転職を考えていると思います。

 

30代は、仕事を変える時期として最も重要ですし、転職することに対しては皆たくさんの理由があるのです。

 

 

企業に求められる30代の転職

中途採用を募集している企業が30代を求める理由は、30代にしか期待できないことがあるためです。

 

一般的に、社会人となって人材教育を終了するまでには約10年かかると考えられています。

 

20代前半や新卒では仕事経験がほとんど無いため、責任能力や社会人としての一般常識などの欠如が多少あっても仕方がありません。

 

採用される理由には若いエネルギーでフレッシュさを求められことや、これから会社色に染めて長い将来に期待できるためなどがあるでしょう。

 

反面、30代の転職者にはフレッシュさなどは求められていません。

 

人材教育が終了されていることを前提にして、今までの経験を活かした即戦力として採用されることが多いのです。

 

また、採用してから短い時間で管理業務を任せられることや、今までの経験や知識を元に自分で考えて責任を持った行動ができることなどが30代の転職者には期待されています。

 

指示されてその通りに動くことができる能力だけではなく、自分で解決したり自分で責任を取ることができる能力が問われることになります。

 

転職活動にはそういった企業側の希望を知った上で、自分をうまくアプローチしていくことが大切です。

 

自分が企業に就職することで、どういった活躍ができるのかというポイントをうまく伝えられるように工夫してみましょう。

 

 

30代の転職市場の傾向

昔は転職すること自体があまりいいイメージを持たれておらず、自分の希望通りの仕事に就けなかった場合にも勤め続けることが一般的でした。

 

転職は責任感がないとみなされがちで、仮に転職をしても現職よりもよい待遇になることはほとんどなかったようです。

 

最近は、自分の持っている能力やスキルをもっと活用したいと思う人が増え、転職に対して偏見を持つ人は少なくなってきています。

 

転職自体はメリットがあることだと認識されつつあるのです。

 

特に30代は転職を多く考える時期でもあり、社会人として自信を持ち始めもっとスキルアップしたいという希望や理想を持つ年代でもあります。

 

転職サイトや転職支援機関も増加している今の世の中が、転職しやすい環境を作っていることも転職者を増加させる一因になっているのでしょう。

 

また、30代の転職が多い理由の一つには、企業側が就職氷河期に採用を控えていたことから、ちょうど30代の年齢層が人材不足であることも挙げられます。

 

このようなことから、30代の転職市場ではその求人数が増加傾向にあるといえます。

 

 

30代の転職に有利な資格

30代で転職活動を始めるには、それまでの経験やスキルなどを考慮されることが多く、資格を持っていることで証明することができます。

 

たとえば、どんなにパソコンの知識があったりパソコン実務の経験があったとしても、面接や経歴書だけでは企業の採用側にうまく伝わらないこともあります。

 

そこでパソコンに関する資格を所持していることを伝えることで、自分のパソコンに関するスキルがどの程度のものなのか分かってもらうことができるのです。

 

最近の就職や転職ではパソコンの基本操作程度ができることは大前提です。

 

他の人と差をつけるためにも、たくさんの資格を持つことや特殊な資格を所持することで目立つことができます。

 

パソコンの知識や資格だけではなく、TOEICの資格も有効です。

 

TOEICは取得点数で英語力が判断されるものですが、社会人として役立つ英会話レベルが基準となります。

 

実用的な英語力と判断されるため、英語検定を持つことよりも格段に優遇されます。

 

しかし、TOEICは数年前の取得点数は無効と考えられる場合がありますので、毎年受けて点数を更新しておくのがベターです。

 

このように、資格を持つことも転職活動の一環として考えられています。

 

資格を取るために会社帰りに専門学校に行ったり通信教育をしている人も多いようです。

 

他にも人事関係や経理関係の資格、宅建業や税理士など職種に分かれた特殊資格、国家資格などさまざまなものがあります。

 

今、それほど資格は転職の際に役立つということです。

 

 

募集年齢の制限

企業が中途採用を募集している要項に、「35歳までの方」と採用の年齢制限していることがよくあります。

 

これは、「厳密に35歳以上は採用しない」ということではなく、おおまかな意味で指定していると考えられます。

 

ただ、就職希望をしている人にとっては「35歳以下だとしても若い人を優先に採用する企業なのか」と勘違いして応募することに躊躇してしまうかもしれません。

 

30代というのは、今まで自分が経験してきたことやスキルを活かせる即戦力が多くいる年代でもあります。

 

また、責任能力がある年齢でもあるので管理能力を持っている年代ともいえます。

 

どのような仕事でも任すことのできる年代といえますが、採用側と応募側の意思が違うことでこの年齢制限が設けられるのでしょう。

 

つまり、企業側で即戦力が欲しい場合には、管理能力がある人よりも現場などで即戦力がある人を望むために年齢制限をしていることがあるのです。

 

反対に、職場のリーダーや管理職を募集する際には20代では心もとないと考える企業が多くあります。

 

そのため、「35歳以上の方希望」と明記されているところもあります。

 

職種や仕事内容によって年齢が規定される企業もあるのは確かです。

 

しかし、実際に応募年齢に当てはまらなくても面接のチャンスはありますし採用されることもあります。

 

応募年齢とあまりにもかけ離れている場合を除いては、年齢についてあまり深刻にならない方がいいかもしれません。

 

 

30代前半の人の転職

データ的には30代前半の人の転職率は20代とあまり変わりはありません。

 

年齢を重視する会社に応募する場合には、それなりの経験やスキルなどのアピールポイントを作っておく必要があります。

 

また、転職は何度もできるものではありませんから、転職をするにあたっての理由や目的を明確にしてから行動しないと失敗してしまうこともあります。

 

30代前半の人に求められることは、今までの社会生活での経験と知識、資格などのスキルを活用した即戦力があるかどうかなどです。

 

新入社員ではありませんからフレッシュさはそこまで求められることがないでしょう。

 

その一方で、職場にすぐに馴染むことができる能力や役立つ人材かどうかなどが見られるでしょう。

 

今までの仕事と同じような職種ですと、企業側のこのような希望に答えることができるかもしれません。

 

しかし、まったくの異業界への転職を希望している人は、即戦力になる力を持っていないためになかなか厳しい思いをするかもしれません。

 

中途採用枠を設けている企業のほとんどは、経験があって即戦力のある人材を求めています。

 

ですから、なにも知識のない転職者を雇うくらいなら、会社色に染めることのできる20代を採用するでしょう。

 

それでも自分はこの業界、この会社で働きたいという強い意志を持って応募することで希望はもてると思います。

 

安易な考えや目的で転職することは無駄なことになりかねませんから、しっかりと自分の将来を考えて慎重に転職活動をすることが大切です。

 

 

30代後半の転職希望者

30代後半の人が転職活動をすることは、30代前半や20代の転職希望者と比べるとかなり厳しいものになると思います。

 

30代後半というのは、一般的には会社の中である程度の仕事を任されている年齢ですし、それなりの年収もあるはずです。

 

また、家庭を持っていたりなど、ある程度の人生設計も始まっている時期でもあります。

 

そのような環境の中で転職を考えている人の場合、理由によっては採用されないケースもあるのです。

 

企業側が求める人材には管理業務のような仕事を期待していると考えられます。

 

若い人材は即戦力が求められますが、ある程度年齢が高い人は社会経験が長く指導する立場になる人が多くなります。

 

30代後半の転職希望者には今までの経験や知識を活かしてリーダー的役割を任されるのです。

 

年齢制限がない募集もたくさんあるのですが、企業側が求めている人材について適していない人は採用されません。

 

反対に年齢条件に当てはまらなくても、他の応募資格をクリアしていれば採用される可能性があるということです。

 

企業によっては30代後半というだけで、自分の中身を知ろうともせずに落とされてしまうこともあると思います

 

ただし、全ての会社が年齢だけを重視して採用しないわけではありません。

 

強い意志と覚悟、今までの経験に自信を持って転職活動をしてほしいと思います。

 

 

30代女性の転職活動

30代で転職をする人は男性だけではありません。

 

女性の社会への進出に伴って、男性と対等にキャリアを積み上げてきている女性は多くいます。

 

特に女性ならではの気配りや細かさが評価されて昇進している人もたくさんいます。

 

そして、もっとキャリアの幅を広げたり、年収を上げることややりがいを見つけたいなどの目的を定めて転職活動している人もいるのです。

 

企業側が求める人材に性別は関係ありませんから、即戦力になる人や管理職に適している人なら転職することが可能でしょう。

 

しかし、30代の女性というと、子供がいる家庭では子育てが一番忙しい時期でもあります。

 

子供を育てながら家庭の仕事もこなし、仕事と両立させることはかなりの体力と能力が必要になります。

 

今まで慣れている仕事であれば産休からの職場復帰も楽に感じるかもしれません。

 

しかし、転職をして一から仕事を覚えることはかなりの負担になります。

 

さらに、小さい子供がいる女子の場合、子供の都合で急な休みも多く発生するために採用を避ける企業もあるのです。

 

せっかく仕事に対する意欲や能力があっても、子供を育てながら仕事をすることが難しくなることは残念なことです。

 

そのような場合、まずは勤務中は子供をしっかり預けられる環境を作っておくことも重要です。

 

家族に支えてもらえる環境を整えた上で転職活動に臨むことが、企業にとっても安心して採用できるポイントになるかもしれません。

 

 

転職で変化が起こる年収

30代まで同じ職場で仕事をし続けていると、入社当初や後輩と比べるとある程度年収は高くなっていると思います。

 

年齢給が毎年上がったり、評価されることで基本給に手当てが上乗せされることなどにより、年収が高くなっていくものです。

 

会社に貢献する仕事量や立場が変わってくることから、給料も比例して見合ったものになるからでしょう。

 

しかし、世間一般の30代の平均年収が自分よりも高い場合には不満を感じることになるでしょう。

 

同じ仕事をするのであれば年収が高い方がいいと思って転職を目指す人も多いようです。

 

実際に30代で転職した人の年収の移行を見てみると、実は変化がないかそれまでよりも下がっていることが分かっています。

 

その理由には、試用期間の給料が正社員との給料規定と差があることや、初年度はボーナスが出ない企業などがあること。

 

転職をしても年齢に関係なく初めは新入社員扱いされるなど、会社の規定によって給料体系が違うためです。

 

しかし、将来出世の見込みがある会社に転職することで、どんどん年収があがっていくと思います。

 

目先のことだけを見るのではなく、会社に貢献して成果を上げることで年収も上がるように期待することができるはずです。

 

最近は年功序列ではなく、成果主義の会社が増えてきているので、自分の能力をアピールできる仕事ぶりをして年収アップしていきたいところです。

 

 

スキルアップを目的にして転職する

30代の社会人は、仕事に慣れて社会人経験が多くなってきた時期なのでスキルや経験が身についていると思います。

 

スキルを活かすために会社でアピールしたり、自分で資格の勉強をすることなどはとても大切なことです。

 

その一方で、転職をすることでしかスキルアップできないケースもあります。

 

たとえば、今の会社では与えてもらえなかったような大きな仕事ができる会社に転職することで、視野が広がりますし経験することが増えます。

 

それが結果的にスキルアップにつながることになります。

 

また、自分に知識や経験がないことでも、転職した先が力を入れている分野について学んだり仕事をこなしていく中でスキルアップすることができます。

 

転職のためにスキルアップすることもできますが、これは独りよがりになりがちです。

 

転職先で役立つものであるか実践してみないと分からないこともあります。

 

ですから、スキルアップのためにまずは転職しようと考えることはよいことだと言えます。

 

今の仕事とあまり変わりがない職種に転職することは、スキルアップのための転職とはいえませんから自分の転職目的を明確にしてから活動するべきです。

 

仕事に関する情報や知識は日々変化するものです。

 

柔軟な姿勢で仕事に取り組み、前向きに自分の技術を磨きたいという気持ちを企業側にうまく伝えるようにアピールしていきましょう。

 

 

30代転職が有利な時期は

転職が有利になる時期ははっきりと定められていません。

 

企業によっては募集を控えている時期もありますし、急な欠員の補充で急募をかける会社もあります。

 

1年を通して転職しやすい時期というものは存在しないのが現状でしょう。

 

30代で転職をするにはそれなりのアピールが必要になりますが、年齢に関係なく会社の募集案内には転職希望者が集まることになります。

 

30代だからといって転職が有利になるという特別な期間や時期はないのです。

 

スムーズな転職活動を行うためにはいつも企業の募集に注目しておくことも大切です。

 

自分が転職活動をしていく中で興味が湧いた企業に出会えたなら、そのタイミングでチャレンジしてみることもよいでしょう。

 

有利になる時期はないとしても企業側が募集をかけない時期というものは存在します。

 

お盆や正月、GWなどは会社が休みのところもありますし、勤務する人が減少することからあまり募集がかけられない時期といえるかもしれません。

 

また、ほとんどの会社は3月と9月に決算を迎えますから、そのタイミングで退職者が多くなります。

 

そのため2月〜4月と8月〜10月辺りは求人募集する企業が増える傾向にあるでしょう。

 

求人数が多い時期を狙って転職活動することで、内定をもらう数にも差がでてくるかもしれません。

 

 

転職活動「ハローワーク」の活用術

30代の人は現状の仕事も忙しいので、転職をしたいと思っていても日々の仕事と並行して転職活動をすることが難しい人も多いと思います。

 

ハローワークではそんな30代の人の転職活動を支援してくれるため、有効に活用してみる価値があります。

 

ハローワークでのサービスは全て無料で利用することができます。

 

ネットや求人誌ではなくハローワークのみで募集をかけている企業は多く、正社員募集を中心にした採用情報をたくさん入手することができるのです。

 

ハローワークは公的機関ですのでブラック企業などの募集がないこともあり、安心して失敗のない転職活動が行えます。

 

求人閲覧は自由に検索でき、自分の希望する職種や待遇を選択してマッチする企業を探します。

 

応募したい企業が見つかれば、窓口で求人相談をし、ハローワークの人に企業との架け橋となってもらうことができるため気楽に応募ができます。

 

ハローワークの利用時間は地域によって違いますが、平日の9時から17時などが一般的です。

 

そのため仕事をしながらの転職活動に不利だと思われるかもしれませんが、最近ではそういう人のために時間外でも受付してもらえるサービスが増えています。

 

また、事前に自分の希望する職種や所持している資格を登録しておくことで、マッチした企業をハローワーク側から薦めてもらう制度もあります。

 

自分の生活スタイルに合わせて、ハローワークを大いに有効活用してください。

 

 

「転職情報誌」を活用して転職活動をする

転職する企業を探す場合に、「転職情報雑誌」を参考にしている人も多いのではないでしょうか。

 

駅前やコンビニなどに設置している求人誌や、書店に安値で販売されている情報誌などがあげられます。

 

転職情報誌は地域によって中身が違いますから、地域密着型の企業などの求人が記載されていることが多くなります。

 

無料のものが多いので手に取りやすく、持ち運びできるのでどこでも空いた時間に仕事を探すことができるのがメリットです。

 

しかし、インターネットの求人サイトやハローワークでの求人情報に比べると、求人率はかなり低いものです。

 

最近ではアルバイトやパートの求人情報の方がメインになりつつあるかもしれません。

 

たくさんの選択肢が欲しい場合にはインターネットやハローワークで求人検索をしてみるとよいでしょう。

 

一方で、地元に根付いた会社や自宅から通勤ができやすい会社を優先して探しているのであれば、転職情報誌の情報は役立つことと思います。

 

また、週に一度という頻度で更新・発行されるのも利用しやすいメリットといえます。

 

ただし、無料でどこでも手に入れやすいことから転職情報誌による転職希望者が多く、倍率が高くなることもあるようです。

 

地元の企業だから倍率は低いと考えるのは間違いです。

 

これらの求人情報をうまく活用して、たくさん選択肢を広げてほしいと思います。

 

 

30代で公務員に転職希望の場合

不況が続く世の中では、大手企業も倒産する可能性があるほど将来の見通しが悪くなってきています。

 

今いる会社がこの先どの程度まで経営されるのか不安になりながら勤務することは精神的に負担になることでしょう。

 

将来設計を立てることが難しくなるかもしれません。

 

安定を求めて転職する人の中には優良企業や大手企業を希望する人が多くいます。

 

その企業でさえ数年後には合併や倒産でリストラになってしまう可能性もあるのです。

 

そこで、安定や安心感を求める転職先としては公務員が人気を集めています。

 

基本的に公務員には不況が関係がありません。

 

仕事内容もほとんど変化がありませんので人生設計が立てやすく、安定した人生を送ることができるからです。

 

一概に公務員といっても職種もさまざまで、市役所に勤める仕事もあれば警察官や消防士なども含まれます。

 

自分の性格やキャリアに合った公務員を目指すとよいと思います。

 

しかし、公務員になるためには職種によって年齢制限が設けられていますので注意が必要です。

 

たとえば、国家公務員を希望する場合には資格取得が必要ですが、T種ですと33歳未満、U種では29歳未満でないと受験資格がありません。

 

公務員に転職したいと考えている人は、年齢制限についても考慮して早めの行動が必要になると思います。

 

 

海外勤務を希望する転職

30代になると自分の今までのキャリアを試してみたくなったり、視野を広げた仕事や出会いをしたいと考えたりするようになることもあります。

 

その過程で海外での仕事に興味が湧く人もいるでしょう。

 

もともと海外勤務が希望だったにも関わらず、今の職場には海外赴任制度が設けられていなかったり、赴任希望が通らないため日本で頑張っている人もいるかもしれません。

 

そんな人たちは、転職をすることで海外での活躍を実現させるためにも、まずは海外に関与している会社を選んで転職活動をしましょう。

 

海外に関与している会社には外資系の企業があげられます。

 

常に海外とやり取りをしていますから、現地で仕事をすることも可能になるでしょう。

 

しかし、せっかく入社しても自分の希望通りに行かずに国内での仕事がメインになることもありえます。

 

ですから、面接時や応募時には採用後の仕事内容を確認しておくべきです。

 

また、海外企業の日本進出は増加していますから、海外企業にも目を向けてみましょう。

 

仕事は日本の支店での業務が中心になるかもしれませんが、海外赴任のチャンスもたくさんあります。

 

しかし、外国人が日本人を雇ってわざわざ外国で仕事させることは強いメリットがなければほとんどないというのも事実。

 

英語が堪能であることはもちろん、自己アピールができる自分を作ることも大切です。

 

 

 

転職セミナーに参加して情報収集を行う

新卒の学生に向けた就職セミナーには参加したことがある人は多いでしょう。

 

就職の時期になるとテレビなどで企業セミナーの状況が放映されますので知っている人も多いかと思います。

 

就職セミナーは企業側がよりよい人材を求めるために、求職者に向けて会社の概要などをプレゼンしたりアピールするもの。

 

参加することで希望する会社の人事の人の話を聞くことができたり質問をしたりすることができます。

 

希望の会社が見つからない人もセミナーに参加することで興味が湧いて、応募動機になるきっかけが作れたりします。

 

この就職セミナーですが、転職者だけを対象にした「転職セミナー」と名前を変えて定期的に行われています。

 

他にも「転職フェア」や「転職相談会」など開催名はさまざまです。

 

転職希望者を対象に転職にまつわるノウハウや履歴書の書き方などの講習もあります。

 

また、自分の興味のある企業が参加していれば詳しい情報を入手できますし、そうでなくても他の企業の人の話を聞くことで視野を広げることもできるでしょう。

 

転職セミナーは面接や採用試験を行う場所ではありませんので、面接などと比べて気軽に参加できるものですが、TPOをわきまえた格好で参加するようにしましょう。

 

就職セミナーを情報収集の場として有効活用してほしいと思います。

 

 

応募書類で左右されること

社員募集している会社では、まず書類選考をするところが多くみられます。

 

応募人数が多く予想される場合には、応募書類で選考し、会社にとって必要な学歴や資格、経験などを持っている人が面接を受けることができるのです。

 

その後は面接、筆記試験、プレゼンなどで都度選考され、最終的に残った人が内定をもらえるようになります。

 

内定までの道のりは長く厳しいものになるでしょうが、まずはこの書類選考に合格しなければなにも始まりません。

 

書類選考に必要な応募書類には、履歴書と職務経歴書があります。

 

履歴書には自分の学歴、職歴、趣味や特技、所持している資格などを記入して、自分のことを企業に簡単に伝えるものとして利用されます。

 

職務経歴書は、職歴の詳細や実際に自分が経験してきたことを細かくまとめる書類です。

 

提出の必要が無い企業もありますが、職務経歴書と似たような書類を作成するように依頼されることもあります。

 

普段から職歴を整理したり自分で職務経歴書を作成しておくとよいでしょう。

 

誤字脱字はもちろん、きちんとした日本語を使用して作成することは常識です。

 

最近はパソコンで作成した履歴書でも採用されることもあるようですが、なるべくはペンによる手書きでミスなく仕上げることで転職に対しての真剣な気持ちを伝えることができます。

 

自分だけの応募書類を作成して他の人と差がでる内容に工夫することで、人事の方の目に止まって次のステップに進むことができるでしょう。

 

 

面接をクリアするための心構えと準備

応募書類を送って見事書類選考に通ることができれば、次は面接や筆記試験があります。

 

面接は直接人事担当者や雇主と面談することになりますから、かなり緊張しますし不安になると思います。

 

質問されても正当な答えをしなければいけないと思っているかもしれませんが、面接官は、実は回答内容よりも態度や話し方を見て人を判断していることが多いのです。

 

自己アピールをすることは大切なのですが、質問の回答はみんな同じようなことを言うため、態度が重要視されます。

 

はきはきと目をみて話すことができるか、そわそわしていないか、姿勢はよいかなどが見られます。

 

もしわからない質問をされても当てずっぽうに答えるのではなく、はっきりと分からないと伝える方が好印象なのです。

 

面接には、必ず時間よりも早く到着しましょう。

 

時間を守ることは社会人としても、実際に入社しても当たり前のことです。

 

また、想定される質問をピックアップして事前に回答を考えておくことで、緊張をほぐすことができます。

 

面接時間までにある程度自分のことについて整理をしておきましょう。

 

表情を作ることも大切ですから、なるべく自然な笑顔を心がけて豊かな表情作りをしましょう。

 

自信を持ち、今までの経験や知識、自分の持っている強みなどを面接官に伝えきることで面接をクリアすることができるでしょう。

 

 

転職サイト「@type」を活用するメリット

 

数ある求人情報サイトの中でも30代の転職希望者に適しているサイトは「@type(アットタイプ)」です。

 

@typeでは、特に30代に支持されるサービス内容になっており、数多くの転職成功の実績をかかげています。

 

たとえば、履歴書や職務経歴書の書き方についてのアドバイスや、面接時での具体的なコツなどを教えてくれますから、面接官の目にとまるようなアピールを実践できます。

 

また、@typeで扱われている求人情報は、他のサイトや情報雑誌では非公開の企業が多く、全体の80%が@typeのみでの公開になっています。

 

そのため、質の良い求人が多く見られますし、大手企業がたくさん求人を出していることも人気を集める一つの理由でしょう。

 

また、そういった良質の企業による求人が多いことから、実際に転職が成功してからも年収が上がった人が多くいます。

 

一般的な30代の平均年収よりも多い年収になる可能性が高いですから、@typeで転職を叶えることが自分の目標や理想を実現できることになるでしょう。

 

特に、初めて転職活動をする人は、そのノウハウや転職市場についてなどほとんど知らないことばかりだと思います

 

まずは「@type」にエントリーして情報を収集してみてはいかがでしょう。

 

@typeで一つ上のキャリアを目指す>>

トップへ戻る